ホーム > 基礎杭打工事部門 > 土留工事(鋼矢板・H鋼)

土留工事(鋼矢板・H鋼)

土留工事とは

土留(どどめ)工事とは、地盤を掘削する際に、周囲の土砂が崩れてこないよう土留め壁を設ける工事のことをいいます。
地盤を掘削するためには、周囲の土砂が崩れてこないようにする必要があります。浅い場合は、何もしないでいても土の粘着力で自立しますが、ある程度深い掘削(通常は1.5m程度以上)では土留め壁を先に設け、それに守られながら内部を掘削することになります。
土留め壁の種類は、掘削する深さによって、簡易なものから十分剛性と止水性が保たれるものまでたくさんあります。
弊社では、鋼矢板・H鋼・連続壁等を主力工事としております。

下関高圧幹線21工区土止め工事(ガス管橋下部工)

下関高圧幹線21工区土止め工事(ガス管橋下部工)-1.JPG  下関高圧幹線21工区土止め工事(ガス管橋下部工)-2.JPG
工  期:平成21年10月
施工場所:下関市大和町2・彦島本村6

神鋼特殊鋼管(株)用地整備工事

神鋼特殊鋼管(株)用地整備工事-1.jpg  神鋼特殊鋼管(株)用地整備工事-2.jpg  
工  期:平成20年2月
施工場所:下関市長府港町

新児童館新築工事

新児童館新築工事.jpg
工  期:平成19年10月
施工場所:下関市彦島江の浦町